読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな暮らし

オーストラリアと日本を行ったり来たり。生活を見直すブログ。

オーストラリア人はカフェが大好き コーヒーの楽しみ方

f:id:yumoathome:20160820171853j:plain

オーストラリア人はカフェが大好きです。街中にはたくさんのカフェが並び、いつもコーヒーを楽しむ人で賑わっています。

 オーストラリアのカフェは質が高い

オーストラリアのカフェは独自のチェーン店もありますが、個人経営の小さなお店が中心です。そして、どこでコーヒーを飲んでも、満足のいくおいしいコーヒに出会えます。居心地のいいインテリアの中で、おいしいコーヒーを飲むひと時は、心が安らぎ、幸せな気分になります。

また、オフィス街では、仕事が始まる朝やランチの後には、テイクアウトのコーヒーを片手に、オフイスに向かう人も多く見かけます。オフィスにもきっとコーヒーマシーンは設置されていると思いますが、みんなそれぞれお気に入りのコーヒーがあるのでしょうね。

オーストラリアと日本のカフェの違い

日本のカフェでコーヒーといえば、基本はブラックコーヒーです。日本のコーヒー専門店では、バラエティ豊かな多種類の豆を揃えていて、ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカなど、いろいろな味や香りのコーヒーを楽しむことができます。

それに対して、オーストラリアのカフェでは、豆の違いではなく、コーヒーとミルクとの組み合わせを変えた様々なコーヒーがメニューに並びます。メニューを見ると、「フラット・ホワイト」がまず一番目にあり、その後「カプチーノ」「カフェラテ」などが並びます。この順番は、よく飲まれている順番といってもいいでしょう。

オーストラリアのカフェには、大きなエスプレッソマシーンがあり、イタリア式のエスプレッソを使うのが基本です。エスプレッソといえば、小さなデミタスカップに入った濃いコーヒーですが、オーストラリアではそのまま飲むというより、その濃いコーヒーを温めたり泡立てたりしたミルクを加えてアレンジしたものが一般的に好まれています。

メニューの中のコーヒー

  • フラット・ホワイト エスプレッソコーヒーに温めたミルクを注ぎます。
  • カプチーノ エスプレッソコーヒーに温めたミルクとたっぷりの泡立てたミルクを注ぎます。たっぷりの泡がカップより大きく盛り上がっていて、ココアパウダーやシナモンパウダーをかけます。
  • カフェ・ラテ エスプレッソコーヒーに温めたミルクと泡立てたミルクを注ぎます。温めたミルクの割合が多く、グラスに入ってくることが多いです。
  • 「ショート・ブラック」 いわゆるエスプレッソコーヒー。ミルクの入らないエスプレッソコーヒー1ショット分。
  • 「ロング・ブラック」 熱湯にエスプレッソを注ぎます。日本のブラックコーヒーに一番近いです。

 このように見てみると、どのコーヒーも基本はエスプレッソコーヒー1ショット分をアレンジしたものであることがわかります。

バリスタと呼ばれるコーヒーを入れる職人さんにより、ミルクの泡を使った美しいラテアートが施されることもあります。

コーヒーを飲むゆとりの時間

このようにオーストラリアには独自のコーヒー文化があります。私も、家では紅茶を飲むことが多いですが、外出してカフェに入った時には、家で飲めないおいしいコーヒーを楽しむことにしています。

私たちは、友達とカフェでおしゃべりしたり、仕事の合間にふらりとカフェに入って、一人の時間を楽しんだり、コーヒーを飲むことだけでなく、コーヒーををかたわらに過ごす時間を楽しんでいるのかもしれません。

こんなふうに、カフェを楽しむ日常が、オーストラリア人のゆとりある暮らしにつながっているのだと感じます。

 

今日の笑顔にありがとう。