読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな暮らし

オーストラリアと日本を行ったり来たり。生活を見直すブログ。

薄切り肉がほしい オーストラリアの肉売り場

f:id:yumoathome:20160821114723j:plain

肉売り場の品揃え

日本のスーパーでは、薄くスライスされた牛肉や豚肉がトレーにきれいに並べられて売っています。

このような薄切り肉はオーストラリアのスーパーでは見当たりません。肉売り場に並んでいるのは、塊のままの肉、ステーキ用にカットされた肉、煮込み用に角切りになっている肉、そしてひき肉が一般的な品揃えです。塊の肉は、オーブンでローストにするのにちょうどいい大きさにカットされたものが並んでいます。時々、炒め物用という表示で売っているものがありますが、なぜが長細くカットされています。青椒肉絲を作るときにはいいのですが、個人的には、炒め物には向かない気がします。

薄切り肉は使いやすい

日本料理には、すき焼きやしゃぶしゃぶなどの薄切り肉が主役の料理が多いです。家庭で日常的によく作られる肉じゃがや炒め物なども、薄切り肉が欠かせません。また、お弁当の定番おかずである野菜の肉巻きなども、薄切り肉がなければ作ることができません。

薄切り肉は、調理の扱いも簡単で、すぐに火が通り、柔らかく食べやすいので、忙しい日にさっと食事を作りたいときにはとても重宝します。

なぜ日本では薄切り肉が主流なのか

西洋の食卓では、ナイフとフォークを使って食事をします。大きくて分厚い肉でも、自分の口に合ったサイズに切り分けながら、食事をするスタイルなので、お皿には大きなお肉や魚が見栄え良く盛り付けられます。

それに比べると、日本の食事スタイルは、箸で食べ物をつまんで口に運ぶスタイルです。したがって、食事を用意するときには、いかに食べやすくおいしく作り上げるかが大切になってきます。

そこで、薄切りのやわらかい肉を使うことによって、箸でも扱いやすく、食事を楽しむことができるのです。このような食事スタイルの違いから、薄切り肉が広く使われるようになったのだと考えられます。

薄切り肉が必要なときは

オーストラリアでも、スーパーではなく、精肉専門店に行ったら、スライサーで好みの薄さに肉を切ってくれるのではないかと思っているのですが、未だ試したことがありません。肉屋さんには、ハムやベーコンを切るためのスライサーがあるはずなので、できないことはないと思うのですが、普通の肉を切るのはまた別なのでしょうか。

私は、どうしても薄切り肉が必要なときには、日本食材を取り扱うお店に行きます。そこでは、焼肉用、すき焼き用などにスライスされた薄切り肉を冷凍したものが売っています。

また、スライサーを買って、家庭で薄切り肉を作るという人もかなりいるみたいです。塊の肉を冷凍してから半解凍状態にして、包丁で薄く切るという方法も聞いたことがあります。

薄切り肉がもっと手軽に買えたら、メニューの幅も増えるのにと思ってしまいます。

 

今日の笑顔にありがとう。