読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな暮らし

オーストラリアと日本を行ったり来たり。生活を見直すブログ。

週末の朝食はカフェで楽しむ

f:id:yumoathome:20160903154542j:plain

オーストラリアのカフェといえば朝食も忘れてはいけない

カフェといえばおいしいコーヒーを飲むところですが、オーストラリではカフェのもう一つの楽しみは、おいしい朝ごはんを提供してくれることです。

オーストラリアのカフェは、どこも朝6時頃からお店を開けています。朝のコーヒーを楽しむ人はもちろん、朝ごはんを食べに来る人がたくさんいるからです。

私も、カフェの朝ごはんが大好きです。平日は忙しくて行くことができませんが、何の予定もない週末の朝は、夫とカフェでのんびり朝ごはんを食べることが時々あります。

朝食メニュー紹介

どこのカフェもメニューはほとんど定番メニューです。もちろん、シェフの腕は店によっってちがうので、クオリティーはいろいろですが。また、パンがおいしいカフェとか、オーガニックやベジタリアンに配慮した食材を使っているなど、こだわりのお店もあります。

私は、だいたい以下の3つのメニューをその日の気分で選びます。

  • Big breakfast (Full breakfast)

朝食メニューの一番人気です。どこのお店で食べても、上の写真のように、トースト、卵料理、ソーセージやベーコン、ソテーしたトマトとマッシュルーム、ハッシュドブラウン、ベイクドビーンズなどが1つのお皿にどっさりと盛り合わせてあるものです。卵料理は、目玉焼き、スクランブルエッグ、ポーチドエッグなどから好きなものを選べます。

  • Egg Benedict

エッグベネディクトは、最近、日本でも流行りのメニューのようですが、こちらのカフェの朝食メニューにも必ずあります。半分に切ったベーグルの上にほうれん草、その上にポーチドエッグ、さらに上にオランデーズソースがかけてあります。あいだにハムやスモークサーモンが挟んであるものが多いです。

  • Pan cakes

パンケーキは日本でいうホットケーキですね。日本でもパンケーキという言い方が一般的になったのでしょうか? 3、4枚重なったパンケーキに、フルーツをのせて、さらにクリームとメイプルシロップがかけてあります。

  • 軽めの朝食

バターやジャムを添えただけのトースト、クロワッサンにハムとチーズを挟んだもの、甘いペイストリーやマフィン、フルーツたっぷり加えたミューズリー(シリアル)などおなかの空き具合に合わせて選べるメニューも充実しています。選ぶのに困るくらいのメニューが並んでいます。

朝から幸せになる朝ごはん

このような食事を朝からゆっくり楽しむと、週末がとても充実した気分でスタートできます。カフェで朝ごはんを食べた日は、おなかが空かないので、昼ごはんは食べなくても大丈夫なくらいです。

また、カフェでの朝食は、友人とのキャッチアップにも都合がいいです。朝の時間を友人と共有するのはとても爽やかな気分になります。

ランチや夕食に出かけるとなると、なぜか出かけるまでの時間が中途半端になることが多いのですが、人と会う予定を朝のうちに入れると、その後の時間も効率よく使うことができる気がします。

カフェと言えども、外食は高い

定番の3つのメニューはだいたいどれも平均18ドル(約1500円)くらいです。日本のように、コーヒーを含んだセットメニューではないので、コーヒー5ドル(約400円)をプラスしたら、23ドル(約1900円)の食事になります。

朝ごはんにしては、かなり高めの外食ですが、物価の高いオーストラリアでは、カフェのランチもだいたいこのくらいで、夕食をちょっとしたレストランで食べると、この2倍くらいは必要です。

というわけで、毎日朝食をカフェでというわけにはいきません。ボリュームも多すぎるし、値段的にも無理があります。カフェの朝食は、週末のちょっとした贅沢という感じです。

カフェは明るい時間のみオープン

オーストラリアのカフェは、朝も早いですが、閉店も早いです。ランチを食べに来るお客さんが帰っていくと、3時頃にはもう片付けが始まります。夕方近くにちょっとお茶を飲みに行こうと思っても、落ち着いてコーヒーを飲めるお店は限られてしまいます。オーストラリアのカフェは朝食とランチが中心で、夜まで開いているお店はとても少ないです。

シドニーなどの大都会はまた違うと思いますが、私の住んでいる町では、レストランややパブなどを除くと、小売店は5時か5時半で閉まるお店が多いです。昔よりは、規制も緩くなったので、スーパーは遅くまで開いているところもあるのですが、住民のライフスタイルは今までとあまり変わらないので、カフェは夜にいく感覚はないのだと思います。

 

今日の笑顔にありがとう。