読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな暮らし

オーストラリアと日本を行ったり来たり。生活を見直すブログ。

日本独自の発想 惣菜パンの魅力

f:id:yumoathome:20160918121810j:plain

パンといえば欧米人の主食というイメージですが、日本のパン屋さんには、オーストラリアでは見られないような独自のパンが並んでいます。日本では、日本人の口に合うような工夫が取入れられて、独自の進化をとげてきたことに気付かされます。

オーストラリアのベーカリー

オーストラリアにも、チェーン展開をしている有名なパン屋さんや、個性豊かな小さなパン屋さんなど、いろいろなお店があります。

食パンはもちろん、様々な形のフランスパン、食卓で切り分けて食べる大きなサイズのパンも種類がたくさんあります。サワードウと呼ばれる天然酵母を使ったパンも人気です。どれも素朴な味で、食事には合わせやすいものです。

また、バターたっぷりのクロワッサン、巨大サイズの甘いマフィン、砂糖がたっぷりかかったドーナツ、フルーツやレーズンなどをたっぷり乗せた甘いデニッシュもショーケースに並んでいます。

塩っぱいパンが食べたかったら、チーズやベーコンが入ったパンや、サンドイッチなども選ぶことができます。

お馴染みの日本のパン

最近は私の街にも、日本人のパン職人や、日本で修行したパン職人の方がいらっしゃるようで、日本のパンを目にすることがあります。そんなときに、つい手にしてしまうのは、あんぱんとメロンパンです。

あんこと言えば、日本の味ですが、あずきはこちらでも簡単に手に入ります。そして、あんこはお餅や和菓子だけでなく、パンにもよく合いますね。

また、メロンパンも日本ではお馴染みのパンですが、これもオーストラリアのパン屋さんにはありません。日本で生まれて親しまれてきたパンなのですね。

オーストラリア人の友人が、イベントで見つけたと言って、これらのパンを私に買ってきてくれたことがありました。オーストラリア人の間でも人気があるようです。

日本独自の惣菜パン

また、日本のパン屋さんの魅力は、豊富な惣菜パンです。オーストラリアにも、野菜やハムなどをはさんでサンドイッチとして食べるのは一般的ですが、日本の惣菜パンは、まったく発想が違います。

惣菜パンの王様は何と言っても、焼きぞばパンですね。炭水化物&炭水化物の組み合わせなのに、誰もが大好きな定番ですね。

カレーパンも忘れてはいけません。外側のカリカリした生地と中身の日本のカレーがよく合っていて、これも日本ならではの食べ物だと思います。

また、ポテトサラダやコロッケがはさんであるパンも昔からありますね。最近は、ゴボウやレンコンなどの和素材のお惣菜を使っているものもよく見かけます。

このように、惣菜パンの魅力は、甘いものとの組み合わせではなく、塩っぱいお惣菜が主食のパンと一緒に食べられる手軽さだと思います。また、手軽ではあっても、食事としての満足感が得られることも大きいと思います。

夫のお気に入り

くいしんぼうの夫も、日本のパン屋さんが大好きです。実家滞在中に、ちょっと小腹が空いたときには、近所のパン屋さんに行ってくると出かけて行きます。日本のパン屋さんは、トレーとトングを持って自分で好きなものを選んで買えるというのも、また楽しみのようです。

夫が日本のパン屋さんに行くとまず探すのは、ソーセージロールやソーセージパンです。コンビニにも必ずありますね。日本の粗挽きのソーセージの食感がかなり気に入っているようです。

夫はコンビニも大好きですが、私もコンビニのパンの種類の多さにも圧倒されます。たまに、菓子パンを1つ買おうと思って、棚を見始めると、目を引くものがたくさんありすぎて、すぐに選べないほど迷ってしまいます。

種類だけなく、コンビニのパンのクオリティも高くなり、いつでも手軽に食べられるおいしいものがたくさんありますね。「ちょっとおやつに」などと言いながら楽しんでいると、日本帰国中には、あっという間に体重が増えてしまいます。

 

日本のパンが新しい日本の食文化として広がる日も近いかもしれませんね。 

 

今日の笑顔にありがとう。