読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな暮らし

オーストラリアと日本を行ったり来たり。生活を見直すブログ。

ランチにもパーティにも オーストラリアの太巻き寿司

f:id:yumoathome:20160919145631j:plain

寿司と言えば

日本では、寿司と言えば「にぎり寿司」が一番人気ですね。

オーストラリアでも、寿司はとても人気があります。もはや日本の特別な高級料理ではなくなりました。今では、手軽に食べられるファストフードの分類に入るかもしれません。オフィス街で持ち帰り用のランチを売っている店でも、日本式のお弁当のほか、寿司のパックもよく売れています。日本と違うのは、にぎり寿司よりも、圧倒的に太巻き寿司が多くを占めていることです。

フインガーフードの代表選手

パーティなどで、手軽に手でつまんで食べられるおつまみのことを「フィンガーフード」と言いますが、まさにこの太巻き寿司はフィンガーフードの代表選手でもあります。大勢が集まる場所で、箸やフォークなどを用意する必要もなく、手も汚さずに食べることができるのは便利ですね。

また、ご飯がしっかり入っているので、食べ応えもあります。お腹の空き具合に合わせて、食べる個数を調節できるのも便利ですね。

グルテンアレルギーの人でも安心して食べられる食事の一つでもあります。

太巻き寿司の具

オーストラリアで目にする太巻き寿司の具は、日本のものとは、まったく違います。日本の太巻き寿司といえば、たまご焼き、きゅうり、かんぴょう、くるみ、しいたけ、でんぶなどが、具としては定番です。だしで甘く味付けしたかんぴょうやしいたけなどは寿司飯ともよく合って、日本の懐かしい味を感じます。

しかし、オーストラリアでは、このような具は手に入りにくいので、こちらでも簡単に手に入りやすく、オーストラリア人の口に合うものが、色々なバリエーションで巻き寿司の材料として使われています。

人気があるのが、テリヤキチキンです。甘辛いタレを絡めたテリヤキチキンとレタスなどの野菜の組み合わせは食べ応えがあって、若い人に好まれています。

生の魚を使うのは難しいですが、スモークサーモンは簡単に手に入るので、相性のいいアボカドと組み合わせたものも人気があります。

日本でもツナ缶は手巻き寿司によく使いますが、ツナも野菜とマヨネーズを組み合わせて太巻き寿司の具としてよく使われます。

また、ベジタリアン向けに、肉や魚を使わず、アボカド、きゅうり、にんじん、セロリ、ビーンスプラウト(豆類の芽)などを組み合わせた太巻き寿司も売っています。

すっかり腕が上がった

これらの寿司は、パーティ料理にもぴったりなので、私も家庭でよく作ります。オーストラリアのパーティーといえば、バーベキューがメインですが、サイドメニューや前菜として、太巻き寿司はとても喜ばれます。

また、持ち寄りパーティやピクニック、イベントなどの差し入れのお弁当にもよく作ることがあります。日本から持ってきた重箱に入れて持っていくと、ささやかな中身でも豪華に見えるので、重宝しています。

最初の頃は、作るのも時間がかかり、気合を入れて作っていましたが、あまりにも作る頻度が多くなり、今ではすっかり腕が上がり、あっという間に作れるようになりました。

オーストラリアに来て、こんなに太巻き寿司作りが上手くなるとは思ってもいませんでした。意外なスキルを身につけました。

 

今日の笑顔にありがとう。