読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな暮らし

オーストラリアと日本を行ったり来たり。生活を見直すブログ。

快適なバスルーム 可動式シャワーは必須 

f:id:yumoathome:20161020125616j:plain

古い固定式シャワー

オーストラリアの古いバスルームのシャワーは、普通、シャワーヘッドが壁に固定して設置されているだけです。オーストラリアでは、シャワーブースが仕切られていて、シャワーは立ったまま浴びるので、これで十分ではあるのですが、私はずっと不便を感じていました。

最近では、ホテルに滞在すると、日本のようにホースのついた可動式のシャワーを併設しているところも多くなりました。また、新しいバスルームのカタログなどをみると、最近のオーストラリアの家にも、可動式のシャワーが広まってきているようです。

我が家のバスルームの改装をするときにも、私の一番のリクエストは可動式のシャワーをつけたいという希望でした。

可動式シャワーの利点

日本では、昔から家庭の浴室でも公衆浴場でも、ホースがついた可動式のシャワーが一般的に使われています。

可動式のシャワーのいいところは、体の各部分に直接お湯をかけることができます。丁寧に洗いたい陰部や脇の下、足の先にまで、直接お湯をかけて洗うことは日本人にとっては当たり前のことだと思いますが、固定式のシャワーではなかなか思うようにはいかず、ずっと不便を感じていました。

また、髪を洗わずに、体だけを洗いたいときも、固定式シャワーでは頭上からのお湯を避けるのは難しく、シャワーキャップなどが必要になりますが、可動式であれば、そのわずわらしさもなくなります。

さらに、もう一つの問題は、シャワーブースの掃除です。シャワーが固定式だと、隅々まで水をかけたり流したりすることができません。その都度、バケツに水を汲んでかけるということをしなければなりません。これも、実は私にとっては、かなりストレスでした。

私には子どもがいませんが、小さい子どもにシャワーを浴びさせるのも、高いところからのシャワーでは無理があると思います。ホームステイをしていた家庭では、バスタブでお湯をかけながら、子どもの体を洗っていましたが、オーストラリアではバスタブのない家庭も多いはず。幼児がいる家庭ではどのようにしているのでしょうか。

座ってシャワーを浴びるのは日本式

日本の浴室には、一般的にホースのついた可動式のシャワーが設置されています。シャワーヘッドが高いところと低いところにかけられるようになっていて、立ったままでも、いすに座った状態でもシャワーを浴びることができるようになっています。

実家の浴室を使うときには、私も含め私の日本の家族は、常にいすに座ってシャワーを使っています。立ったままシャワーを浴びると、泡が浴室中に飛び散ったり、湯船の中にまで入ってしまったりするからです。

私が幼いこどもの頃、古い家の浴室にはシャワーがなかったのを覚えています。手桶で湯船からお湯を汲んで体や頭にかけていましたが、そのためには、低い姿勢でお湯を使う必要がありました。その流れで、日本では座ったまま頭や体を洗いシャワーで洗い流すやり方が普通になっているのでしょう。

一方で、日本で一人暮らしをしていたときは、湯船にお湯をためずに、立ったままシャワーを浴びていました。コンパクトなユニットバスでは、その方が快適でした。

このように日本の浴室のシャワーは、状況に応じて、いろいろな使い方がされていますね。

 

我が家のバスルームも改造を終え、今は快適にシャワーを使っています。また、掃除をするのも苦ではなくなりました。毎日使う水回りの仕様は、とても大切なことだと改めて感じました。

 

今日の笑顔にありがとう。